牧師紹介

私たちの教会は新しい牧師を迎えるために祈っています。新しく情報が更新されましたら掲載いたします。どうか皆さんも私たちの教会のためにお祈りください。

教会の歴史

博多ニューライフ教会は、1991年福岡市天神での祈り会から始まりました。しばらくしてそれは週に一回のミーティングとなり、1996年2月に日本アッセンブリー教団の伝道所となりました。そして2002年に、博多にある現在の会堂に移転しました。
私達の教会は博多の中心に位置するインターナショナル教会で、礼拝は全て日本語と英語の2カ国語で行われています。私達は家族中心の教会で、伝道に力を注いでいます。現在の牧師夫妻であるアラスターとマリーン・パターソンは、日本の教会が成長し、若い世代が有意義な結びつきを見出していくのを見たいと願っています。教会の人々は週を通して地域社会と関わりを持っていますので、もしあなたが教会に来られて間もないならば、ここに良い人間関係を築き上げ、他の人や神様との関係を成長させるいろんな方法があります!

神様は人々を愛しています。そして私達もそうです!あなたがどの様にして結びつく事が出来るのか、「教会生活」で詳細をご覧ください。

私達の信条

私達は以下の事を信じます。

  • 聖書は神の言葉である。それには誤りがなく、権威があり、現代の私達の日常生活に適応する。
  • 永遠の神は唯一であり、全ての創造主である。神は、父なる神、神の御子、聖霊の三位一体として存在される。神は完全なる愛の神であり、完全に聖なる方である。
  • 罪が私達を神と、神が私達の人生に定めた目的から引き離した。
  • 主であるイエス・キリストは神であって人であり、神と私達を和解させる事が出来る唯一の存在である。イエス・キリストは何一つ罪を犯さず模範的に生き、私達の身代わりとなって十字架上で死に、彼の勝利を証明し、私達の人生に力を与えるため、再び蘇られた。
  • 私達がその許しと「新生」を受け取るためには、私達は自分の罪を悔い改め、主なるイエス・キリストを信じ、私達の人生を、彼の御心に委ねなければならない。
  • 神が意図する、聖化され実りある人生を送るため、私達は水による洗礼を受け、そして聖霊の力に満たされる必要がある。聖霊は私達を、聖霊のバプテスマを受けた際の初期証拠である異言などを含む、聖霊の賜物を使う事が出来るようにする。
  • 私達が神を礼拝し、教会や私達の地域社会に仕えるという神の目的を達成する為、神は私達を一人一人備えてくださっている。
  • 神は私たちがより効果的に他人を助けるために、健康で豊かな生活を送ることができるように癒し、私たちを変換しようとされている。
  • 私達の最終地点が天国か地獄であるかは、私達のイエス・キリストに対する応答によって決定される。
  • 主なるイエス・キリストは、彼が約束された通り、再臨される。